カンボジアにおける外国人研修生送り出しの取り組み

  • カンボジア実習生受け入れのメリット

    • カンボジアはタイとベトナムに挟まれた東南アジアの国で国民のおよそ9割以上が仏教徒でもあります。

      主な産業は漁業や林業、農業が主体で自然と調和して生活していくことを大切にしています。



      国自体は決して豊かではありませんがカンボジア人は温厚で真面目な人柄でどこかシャイなところがあるなど日本人の性格に近い性格をしています。そんなカンボジアでは日本の産業の優れた知識や技術を学んで自国に貢献したいと考えている若い実習生候補たちが大勢います。

      そんな若い実習生候補と日本の企業との仲介を取り持ち日本に技能実習生として派遣しているのが送り出し機関です。日本の企業にとっても懸命に働く実習生たちの姿に感化されて日本人スタッフの刺激にもなりますし、カンボジアへの業務・取引拡大を行うこともできます。

      カンボジアの研修生を調べるならこのサイトです。

      さらには技術を通じて発展途上国への国際貢献を行うことにもなります。



      しかし受け入れを行うにあたって日本語レベルの問題や日本の文化・風習に慣れることができるのかなど様々な不安も生じますが、送り出し機関では現地スタッフにより日本語教育や注意しなければならないマナーなどを指導してもらえるため、日本に来日してからの生活もそれほど不自由することはありません。


      さらには実習期間中も送り出し機関の専任スタッフにより適切なアドバイスが行われるため安心です。


      まだまだカンボジアからの若い実習生候補たちは大勢いて日本への来日を心待ちにしているのです。


  • 関連リンク

    • 近年、日本でさまざまな意味で注目されている制度が、外国人技能実習生です。主に、漁業や農業の現場で人手が足りないことが多く発生していて、うまく世代交代がいっていないという日本の事情と、日本に来たい、日本の仕事を覚えたい、それによって貧しいくらいから脱したい、母国に帰ってから経験をいかして事業を起こしたいなどの、主に発展途上国のひとの、利害が一致して成立しているといえる制度です。...

    • カンボジアはタイとベトナムに挟まれた東南アジアの国で国民のおよそ9割以上が仏教徒でもあります。主な産業は漁業や林業、農業が主体で自然と調和して生活していくことを大切にしています。...