カンボジアにおける外国人研修生送り出しの取り組み

  • 外国人技能実習生について

    • 近年、日本でさまざまな意味で注目されている制度が、外国人技能実習生です。
      主に、漁業や農業の現場で人手が足りないことが多く発生していて、うまく世代交代がいっていないという日本の事情と、日本に来たい、日本の仕事を覚えたい、それによって貧しいくらいから脱したい、母国に帰ってから経験をいかして事業を起こしたいなどの、主に発展途上国のひとの、利害が一致して成立しているといえる制度です。

      カンボジアの送り出しの最新情報が知りたい方にはこちらです。

      基本的に、外国人技能実習生は、日本に永住するという制度ではなく、あくまで、一時期日本に滞在しながら技能を身につけて、母国に帰ってもらうというものです。


      雇う側は、一般的な日本人に払うより、少ない人件費で人手をまかなえるという利点があります。



      しかし、外国人技能実習生の側があまりきちんと制度のルールを把握していなかったり、風習の違い、国民性の違いがあったりと、得ばかりではないともいわれています。

      日本語が未熟な外国人技能実習生とは、意志疎通がむずかしく、教えたくても、なかなか効率良く教えられないであるとか、日本人は世界一勤勉といってもいいくらいですから、どうしても日本人の感覚だと考えられない勤労態度などから、苦労するケースもあるようです。



      ともあれ、本来はウィンウィンになれる制度です。


      日本の人手不足と、外国人が、母国では得られない高度な技術を身に付けることのできるチャンスがあるわけですから、諸問題を乗り越えられればとても良い制度として日本、日本人にも良い制度として成立し得ると言えます。


  • 関連リンク

    • 近年、日本でさまざまな意味で注目されている制度が、外国人技能実習生です。主に、漁業や農業の現場で人手が足りないことが多く発生していて、うまく世代交代がいっていないという日本の事情と、日本に来たい、日本の仕事を覚えたい、それによって貧しいくらいから脱したい、母国に帰ってから経験をいかして事業を起こしたいなどの、主に発展途上国のひとの、利害が一致して成立しているといえる制度です。...

    • カンボジアはタイとベトナムに挟まれた東南アジアの国で国民のおよそ9割以上が仏教徒でもあります。主な産業は漁業や林業、農業が主体で自然と調和して生活していくことを大切にしています。...