カンボジアにおける外国人研修生送り出しの取り組み

  • カンボジアにおける外国人研修生送り出しの取り組み

    • 昨今、日本においては少子高齢化に伴って、生産人口の減少が続いています。



      そして、将来の生産人口に維持に危機感が漂っており、特に3Kと称される職場における人材確保が深刻な問題になっています。
      一方、カンボジアでは生産人口が増加しており、職場を海外に求める若者も多くなっています。その中で、日本は「ジャパン・クオリティ」として高く評価されており、日本の技術を学びたい人が後を絶たないわけです。

      カンボジアの技能実習生情報を探しましょう。

      こうした中、日本の企業とカンボジアの若い人材を繋げる団体も増えています。


      かつては公的機関が担っていましたが、現在では民間の企業も参画するようになっています。それ故、幅広い産業分野において、対応することが可能になっており、より多くのカンボジアの若者が日本で技術を取得しているわけです。

      現在、日本では、外国人研修生の募集や面接、そして、教育や送り出しまで総合的に実施している民間会社があります。殆どが外国人研修制度を利用していますが、中には、現地にトレーニングセンターを設置して、専属のスタッフが外国人研修生の教育を施している会社もあります。

      それ故、予め日本語の慣れることが出来、必要な就業技術も取得できるわけです。
      加えて、日本のマナーや風習についても教えており、日本社会に早く馴染めるよう配慮がなされています。

      現地にトレーニングセンターを設置する場合は、カンボジア政府から許可を得る必要があるので、そうした実績のある会社が信頼性が高いと言えます。



      現在カンボジア政府としても、外国人研修生を送り出すことは、国の未来を担う人材を育てることだと期待しており、積極的に民間の活動を後押ししているわけです。

  • 関連リンク

    • 日本では2016年秋の国会で、外国人技能実習生の受け入れ拡大を目的とした技能実習法と入管難民法の改正案が成立する見通しとなりました。もし、この法案が国会で成立すれば、その後の改正法の施行時に省令を改正し、介護職を外国人技能実習の対象職種として追加する予定となっています。...

    • 年間4万人もの発展途上国の若者たちが日本の経済や産業技術を学ぶために外国人技能実習生として来日しています。公益財団法人国際研修協力機構によると日本への送り出し国はカンボジアやベトナム、フィリピンなど15ヶ国にもなるなど両国の経済発展のたねの一翼を担っているというわけです。...